FC2ブログ

2020年8月 セント・エセル・ブルガー

2020.8.28 今日の宮崎市は、晴れ時々曇り又は雨、朝夕は秋の気配が感じられるようになってきました。
今日紹介するのは、イギリスの育苗家ピータービールスのバラ、「セント・エセル・ブルガー」です。
ビールス氏は英国では「バラの王様」と呼ばれ、2003 年~ 2005 年まで英国王立バラ協会会長を務めた。 2003 年にはバラの育種における功績に対して、英国王立園芸協会より英国園芸界最高の栄誉となるVMH〔ヴィクトリアン栄誉勲章〕を受章。 2005 年に大英帝国勲章MBE を受章しています。

4月末咲き始めた「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0648_2020_4_30.jpg2020.4.30撮影
写真のように淡いローズピンクのカップ咲きからロゼット咲きに咲き進みます。

5月1日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0668_2020_5_1.jpg2020.5.1撮影
完全な四季咲、本当によく咲くバラです。
一枝に4・5個の蕾が付き次々と咲くので花期は比較的長い方です。

5月2日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0762_2020_5_2.jpg2020.5.2撮影
強健で病気にも強く、とても育てやすいバラ。
何よりも良いことは、花色とカップ咲きからロゼット咲きに移行する過程が素晴らしいです。

5月7日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC1007_2020_5_7.jpg2020.5.7撮影
次々に蕾が開花してシーズン中連続して咲いてます。
そして香りは、ダマスクとフルーツ系をミックスした強香です。

5月9日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC1113_2020_5_9.jpg2020.5.9撮影
沢山の花が咲いてますが、まだまだ沢山の蕾があります。
現在の樹高は、1.5m程丁度いい高さです。
まだ地植えして2年絵なので今後どのように成長するのか楽しみです。
今年は3・4本のベイサルシュ-トが出ました。
左側の白い花は、アイスバーグです。

今日も最後まで見え頂き有難うございました。

コメントの投稿

非公開コメント

outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR