FC2ブログ

2016年11月のバラなど

2016.11.19 今日の宮崎市は雨が降ったり止んだりの変な天気でした。
 
先週開花したバラ
ORの「マダム・ブラヴィ」
DSC_3770_2016_11_17.jpg 11月17日撮影
5番花、少し寒くなって花が充実し、秋バラになってきました。

ERの「クロッカス・ローズ」
DSC_3776_2016_11_17.jpg 11月17日撮影
今年伸びたシュート2.5m程の先端、大輪で咲いています。

ERの「メアリー・マグダーレン」
DSC_3775_2016_11_17.jpg 11月17日撮影
咲くたびに色の変化を楽しめるメアリー・マグダーレン、秋には本当に素晴らしい色で咲きます。

HTの「「シャルルドゴール」
DSC_3791_2016_11_19.jpg 11月19日撮影
秋らしい良い色で咲いています。

ORの「デュセス・ド・ブラバン」
DSC_3774_2016_11_17.jpg 11月17日撮影
今まさに咲き始め、花弁の1輪1輪が開いていきます。
とても可愛い花です。

先週もちょっと触れた「根頭癌腫病」の様子を紹介します。
去年は、2本のバラしか確認できなかったのですが、現在5本が確認できました。

デルバールの「コンテス・ドゥ・セギュール」
DSC_3784_2016_11_19_kontesu_do_segyuuru.jpg 11月19日撮影
株元の太さは、直径10cmほど、新しいシュートも伸ばし見た感じでは決して勢力が弱ってきているわけではないのですが、今年の春と秋の花付きが悪くなってきました。

「コンテス・ドゥ・セギュール」反対側からの写真
DSC_3785_2016_11_19_kontesu_do_segyuru.jpg 11月19日撮影
こちら側からは比較的新しい(色の白い)腫瘍が見えます。

「カーディナル・リシリュー」鉢植えの根頭癌腫病
DSC_3796_2016_11_19_cardhinaru_do_risiryu.jpg 11月19日撮影
春は沢山の綺麗な花が咲いたのに、春以降は新しいシュートがあまり伸びませんでした。

「ジュード・ジ・オブスクエアー」の根頭癌腫病
DSC_3798_2016_11_19_jyudo_de_obsqer.jpg 11月19日撮影
右の方の株の右側に癌腫らしきものが見えます。
今年の春までは正常に花付きも良かったように思います。
そして新しいシュートも結構伸びましたが、秋は非常に花数が少なかったです。
 
「ジェントル・ハーマイオニー」の根頭癌腫病
DSC_3799_2016_11_19_gentr_hermaiony.jpg 11月19日撮影
右側の枝の根元に癌腫みたいなものが見えます。

専門家に写真を送って根頭癌腫病を判断してもらおうと思います。
どなたか根頭癌腫病についてよく知っている方がいたらアドバイスをお願いします。
ネットで調べた結果、今のところ、人間のガンと同様に不治の病気とするのが妥当なようです。
しかも、スコップや剪定ハサミ等で病気がうつるようです。
従って、このまま放置しておくと庭全体に広がってしまう可能性もあるのでできるだけ今冬中に方針を決め対処しないといけないと思っています。

内4本は地植えですので土の処理が大変です。
どうしたら良いのか最善の方法がまだ判りません。
全部抜いて焼却処分にするか、治療を試みるか決めかねているところです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

kussanさん、こんばんは~

kussanさん大事な子たちが癌種になってしまって><
ショック~~~
もうどうしょうもないのでしょうかね
うちは根が鉢から貫通して地植えみたいになってるバラがありますがあとは全部鉢植えなのでどうしたらいいか
わからないですが地植えとなれば回りの土も処分しなければならないのかとおもうと大変なことなんだなぁと思っています
なにかいい案があればいいですね
私も本なので対処法など見つけたらコメントしますね
でもなかなか癌種のこととか本に載ってるのはあまりないですね
良い方法がわかりますように
せっかく大きく育った小ばかりなのに~
kussanさん元気出してくださいね~

マダムブラビーの咲きかけもきれいですね
回りにたくさんの蕾が見えるし素敵なバラですね
その前にホワイトデュセスドブラバンをこの前に買ってしまったのでまた先送りになってしまった~
kussanさんのところで見せてもらえてうれしいです
ありがとうございます^^
そして見たかったLDブレイウエイト
秋もこんなに咲くのですねヽ(^。^)ノ
私が前に実物のバラのLDを見たことがあるのですがピンクの濃い色だったように記憶があるのですが真紅色なのでしょうか
どっちもきれいですが私は今濃い濃いピンクの四季咲きのバラを探しています
いつ買えるかわからないけど。。。
四季咲きでほんとに秋に咲いてるのは魅力がありますね
素晴らしいLDブレスウエイトまでみせてくれてありがとうです^^
kussanさんのところも誘惑だらけですね~( *´艸`)
癌種が気になりますね
ここまで大きくなったのだからほんとに惜しいですね
kussanさん元気だしてくださいね~

No title

ATUさん こんばんは

いつも見に来ていただきありがとうございます。
LDブレスウエイトの花色は、濃いピンクと言うより、やや濃いクレムゾンレッド、濃紅色、Wikipediaでは「クリムゾンまたはクリムソン (英語: crimson) は濃く明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかる。彩度が高く、色相環上ではマゼンタと赤の中間に位置する。」となっていますが、実際に咲いた花を見るともっと良い感じです。
色に関しては絶対お勧めです。
香りは、我が家ではほとんど感じません。

マダムブラビーは、本当に良く咲き良いバラです。
育てやすいし、香りもそこそこ強香です。

根頭癌腫病は、いろいろなサイトも見ていますが、現時点で掘りあげて焼却処分するべきか、少し迷っているところです。

No title

kussanさん、こんばんは^^

kussanさんLDブレスウエイトの色のこと教えてくれてありがとうござます
赤だけど濃い赤いピンクのようななんとなく想像つくのですほんとにきれいなクリムゾンの赤なのだろうなって思います
詳しく教えてくれてありがとうございます
もうしばらくいろいろ探したいかな~
濃いピンク色ってあるようでないような感じです
バラ園やお花屋さんに出かけたらきっと実物に見られるのですがいつか出かけてみたいとおもいます
ブラビーも素敵ですよ~
場所があったらもっとほしいです笑
悩むところです
でもkussanさんもほんとに悩みますよね
うーんどうしたらいいでしょうね
癌種の株元も10センチほどあるって相当に大きな株元ですよね
えぐり取って消毒するのか
それとも抜いて土も替えるのか
すごい決断をしなくてはいけないようですね
1年ほどで2つから5つに増えたと読んで心配になりました
来年ももっと広がったら悲しいですね
でもなかなか抜けないですよ
私のところもコーネリアの株元が癌種のように盛り上がっていました
でもすごく大きな株なのでそのままに~~(/_;)なりそうです
手入れをする元気がでないのです
昨年はブノワ・マジメルの株元を切り取しました
癌種でしたが今のところ元気です
でも今年はお花があまり咲かなかったです
さよならする気になれずに様子をみています
来年は復活してくれたらいいなと思っています
kussanさんも悩むところですね
5株もいっぺんにさよならしたらぽっかりと穴があいたようにさみしくなりますね
あ~~~ほんとにどうしたらいいでしょうね
体調と考えながら無理のないようにしてくださいね
長文すみませんでした(^^ゞ

No title

ATUさん こんにちは
色々心配して頂きありがとうございます。
LDブレスウエイトの色は、何回か写真に撮っていますのでそれを見て頂けたらと思っています。
しかも、深紅色を写真で表すのはとても難しいです。私の感覚ではピンク色はほとんど感じていません。
私は、クレムゾンレッドと言う色を大変気に入っています。

癌腫病は、いろいろなサイトを覗いて、もっとも確かな方法は抜き取って焼却処分がいいと頭の中では理解しています。
でも、現在も綺麗な花を咲かせており、それぞれのバラに愛着もあるし、抜き取るといっても高さが2.5m~3mもあるジュードやセギュールは、バラの根っこを掘るのは容易な作業ではありませんし、土の処分も簡単ではありません。
従って、とりあえずの処理として昨日、癌腫部分を全部をナイフで切り取って、木酢液を切り取った後にたっぷり振りかけておきました。

そして、剪定ばさみも癌腫用と癌腫にかかっていないバラ用に使い分け、使用後は熱湯消毒しています。
もう少し考えてみます。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR