FC2ブログ

ラベンダー・ラッシー

2020.10.24 今日の宮崎市は、やや肌寒いものの秋らしい天高く、爽やかな良い天気でした。

今日紹介するのは、ハイブリッドムスク(HMsk)系オールドローズの「ラベンダー・ラッシー」です。
ドイツ1960年 R.Kordes作出
ピンクの中輪ロゼット咲き、半蔓性約3m、返り咲き。ダマスクの強香・強健で育てやすい品種。
2012.4:近くのスーパーの園芸部で新苗購入・現在鉢植ですが、鉢底をつい抜け地植え状態になってます。

「ラベンダー・ラッシー」
_DSC0960_2020_5_6.jpg 2020.5.6撮影
ラベンダーピンクのロゼット咲きと言うかポンポン咲きの可愛い花です。
赤いバラはスベニール・ドクトル・ジャメインです。

「ラベンダー・ラッシー」
_DSC1019_2020_5_7.jpg 2020.5.7撮影
正面から見るとこんな感じ、今年は花数が少ないです。

「ラベンダー・ラッシー」
_DSC1038_2020_5_8_1.jpg 2020.5.8撮影
手前のアンジェラ越しに撮ってみました。

「ラベンダー・ラッシー」の花
_DSC1051_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
房咲きのラベンダー・ラッシー、花径7cmムスクの香りです。

「ラベンダー・ラッシー」
_DSC1052_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
ラベンダーピンクの花がとても綺麗ですね。

「ラベンダー・ラッシー」の花
_DSC1053_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
咲き始めはヒラヒラした花弁がチョウチョが飛んでいるようです。

「ラベンダー・ラッシー」の株
_DSC1120_2020_5_9.jpg 2020.5.9撮影
鉢の底を突き抜けているため、植え替えが出来なくて寒肥もやらず、それでもこれだけ咲くものだと感心してます。
他の花に押されて写真を撮るタイミングを逃してます。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。


2020年10月 バロン・ジロー・ド・ラン

2020.10.17 今日の宮崎市は、久しぶりの雨、バラ庭には恵みの雨です。

今日紹介するのは、今まで紹介したことのない薔薇、ハイブリッドパーペチュアル系オールドローズの「バロン・ジロー・ド・ラン」又は「バロンジロードラン」「Baron Girod de L'Ain」です。1897年フランスで作出。
弁端が波打つ美しい大輪花で、充実した株になると白い糸覆輪が出てとても華やかです。枝はやや直立状に長く伸びます。ステム短く抜群の花付きで素晴らしい演出効果を発揮します。花径9cm程、ダマスクの良い香りです。

5月初めに咲き始めた「バロン・ジロー・ド・ラン」
_DSC0705_2020_5_2.jpg 2020.5.2撮影
緑の葉っぱの間にダークレッドに白い糸覆輪の花がカップ咲きに咲き始めました。

「バロン・ジロー・ド・ラン」
_DSC0806_2020_5_3.jpg 2020.5.3撮影
花は、カップ咲きからロゼット咲きに咲き進んできました。
糸覆輪は、まだ少ない状態です。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の株
_DSC0918_2020_5_5-1.jpg 2020.5.5撮影
右のレディース・ブラッシュとグラハム・トーマスに囲まれて窮屈そうに咲いてます。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の花
_DSC0942_2020_5_6.jpg 2020.5.6撮影
咲き始めの花は、鮮やかな赤い色に糸覆輪が咲き進むと紫を帯びたダークパープルレッドに変化します。
香りはダマスクの強香です。
樹勢発揚のですが、病気にはやや弱いようです。鉢植えの場合は黒星病には土の跳ね返りが無い分強くなりほどんど出てませんが。。。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の花
_DSC0986_2020_5_7.jpg 2020.5.7撮影
南側から撮ると、全部の花が太陽の方を向いて、両サイドに押されて窮屈です。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の花
_DSC0981_2020_5_7.jpg 2020.5.7撮影
北側から撮ってみました。
全部の花がやや南側を向いているので、白い糸覆輪が見え難いですね。
こちら側からの写真は、ダークレッドな花が良く分かります。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の花
_DSC1030_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
寄って見ると、糸覆輪の様子や新しい花と咲き進んだ花の色の違いなどが良く分かります。
残念なことに「バロン・ジロー・ド・ラン」はほぼ一季咲きです。

「バロン・ジロー・ド・ラン」の花
_DSC1075_2020_5_9.jpg 2020.5.9撮影
ほぼ全体的に花が紫を帯び、もうすぐ花期の終わりであることを告げます。
まだ少し蕾もありますが。。。
葉っぱの色は、グラハム・トーマスに比べてやや緑が濃い目ですね。
下の方に黒星病に罹った葉っぱ(黄色くなった)がありますが、このような葉っぱは見つけ次第取り除いてやると他の葉が病気に罹り難くなります。自分では見逃してますが。。。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。









2020年10月 伊豆の踊子(カルトドール)

2020.10.11 今日の宮崎市は、最高気温29℃、今日も暑かったです。
昨日は、バラを見て回るとチョウレンジハバチの幼虫や葉巻虫があちこちで見られたので久しぶりに消毒をしました。
そして今日は、秋バラに備え花壇内の草むしりでした。

今日紹介するのは、伊豆の踊子(カルトドール)です。
ハイブリッドティ(HT) 2001年 フランス メイアン社作出
仏名はカルトドール半剣弁咲からロゼット咲のような形に変化します。鮮やかな黄色のバラで香りが良く強香種。
2010年10月、鹿屋バラ園で購入・地植
これは10年くらい前、鹿児島の鹿屋園バラ園に行った時色が気に入って買ったバラです。

咲き始めの「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC0835_2020_5_4.jpg 2020.5.4撮影
半剣弁咲きの爽やかな黄色がお気に入りです。
写真では少し色濃く映ってますが、実物はもう少し爽やかさを感じる黄色です。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC0836_2020_5_4.jpg 2020.5.4撮影
買った最初の頃は、うどん粉病に弱く大変なものを買ってしまったと思っていたのですが、数年が過ぎると全然大丈夫となりました。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC0876_2020_5_5.jpg 2020.5.5撮影
最初の花が少し開いてきました。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC1047_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
綺麗ですね。爽やかな黄色になりました。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC1048_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
開ききったところ綺麗ですね。花径8cmロゼット咲きのような花型です。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC1080_2020_5_9.jpg 2020.5.9撮影
ほぼ満開です。

「伊豆の踊子」(カルトドール)
_DSC1205_2020_5_12_02.jpg 20205.12撮影
あまり写真を撮ってなくて、申し訳ありません。
奥に見える黄色(山吹色)いバラはヘンリーフォンダです。花色の違いが判ると思います。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。



2020.年10月 レーヌ・デ・ビオレッツ

2020.10.3 今日の宮崎市は、最高気温28℃、少し熱かったけど気持ちの良い秋晴れの1日でした。

今日紹介するのは、オールドローズ(OR)ハイブリットパーペチュアル(HP)系の「レーヌ・デ・ビオレッツ」 1860年フランスMillet Malet作出
レーヌ・デ・ビオレッツは、スミレ(菫)色の女王から、赤紫から青紫、クオーターロゼット咲きに咲進む、中大輪 強香。最初にスーパーの園芸部で買ったのはラ・レーヌの品種違い。その後レーヌ・デ・ビオレッツを購入。
2011.11:購入・地植 2015年11月本物の「レーヌ・デ・ビオレッツ」を購入、鉢植え今年で6年目を迎えます。

4月25日「レーヌ・デ・ビオレッツ」が咲き始めました。
_DSC0425_2020_4_25.jpg2020.4.25撮影
咲き始めは、赤紫に近いスミレ色ですね。

やや斜めから「レーヌ・デ・ビオレッツ」
_DSC0478_2020_4_27.jpg2020.4.27撮影
スミレ色の濃淡、クオーターロゼットの花、不思議な色合いです。

2輪の「レーヌ・デ・ビオレッツ」
_DSC0481_2020_4_27.jpg2020.4.27撮影
新たに2輪咲き始めました。

4月28日の「レーヌ・デ・ビオレッツ」
_DSC0521_2020_4_28.jpg2020.4.28撮影
日光の下で写真を撮るとやや色が変わってしまいますが、一つの花の中でも色合いが違ってきます。
スミレ色の濃淡がとても美しいです。

「レーヌ・デ・ビオレッツ」の株
_DSC0615_2020_4_30.jpg2020.4.30撮影
隣の鉢まで枝を伸ばして咲いてます。

満開の頃「レーヌ・デ・ビオレッツ」
_DSC0940_2020_5_6_1.jpg2020.5.6撮影
沢山咲いてはいるのですが、鉢を寄せ過ぎて、押しくらまんじゅう状態です。
左のピンクはERの「レディースブラッシュ」です。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR