FC2ブログ

2020年8月 セント・エセル・ブルガー

2020.8.28 今日の宮崎市は、晴れ時々曇り又は雨、朝夕は秋の気配が感じられるようになってきました。
今日紹介するのは、イギリスの育苗家ピータービールスのバラ、「セント・エセル・ブルガー」です。
ビールス氏は英国では「バラの王様」と呼ばれ、2003 年~ 2005 年まで英国王立バラ協会会長を務めた。 2003 年にはバラの育種における功績に対して、英国王立園芸協会より英国園芸界最高の栄誉となるVMH〔ヴィクトリアン栄誉勲章〕を受章。 2005 年に大英帝国勲章MBE を受章しています。

4月末咲き始めた「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0648_2020_4_30.jpg2020.4.30撮影
写真のように淡いローズピンクのカップ咲きからロゼット咲きに咲き進みます。

5月1日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0668_2020_5_1.jpg2020.5.1撮影
完全な四季咲、本当によく咲くバラです。
一枝に4・5個の蕾が付き次々と咲くので花期は比較的長い方です。

5月2日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC0762_2020_5_2.jpg2020.5.2撮影
強健で病気にも強く、とても育てやすいバラ。
何よりも良いことは、花色とカップ咲きからロゼット咲きに移行する過程が素晴らしいです。

5月7日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC1007_2020_5_7.jpg2020.5.7撮影
次々に蕾が開花してシーズン中連続して咲いてます。
そして香りは、ダマスクとフルーツ系をミックスした強香です。

5月9日の「セント・エセル・ブルガー」
_DSC1113_2020_5_9.jpg2020.5.9撮影
沢山の花が咲いてますが、まだまだ沢山の蕾があります。
現在の樹高は、1.5m程丁度いい高さです。
まだ地植えして2年絵なので今後どのように成長するのか楽しみです。
今年は3・4本のベイサルシュ-トが出ました。
左側の白い花は、アイスバーグです。

今日も最後まで見え頂き有難うございました。

2020年8月 クレア・オースチン

2020.8.23 今日の宮崎市は、最高気温34℃時々雷が鳴る不安定な天気でしたが、雨は降りませんでした。
晴天の日が続き、毎週地植えのバラにも水遣りが欠かせない状態、庭の芝生までは手が回らす、枯れそうな状態です。

今日紹介するのは、ERの「クレア・オースチン」
花径7cm中大輪のホワイトの花、軽いレモン色の蕾から徐々に大きいカップ形のクリーミー・ホワイトの花に咲進みます。 ミルラの香りにフルーツ 香が混ざる中香からやや強香です。強健で育てやすいバラです。
2010.12:輸入苗・地植 今年で11年目を迎えます。

5月1日頃から咲き始めました。
_DSC0689_2020_5_1.jpg2020.5.1撮影
まん丸いボールのような花です。

_DSC0841_2020_5_4.jpg2020.5.4撮影
咲き進むとカップ型に咲き進みます。
花径7cm、花の中心部はわずかにレモンイエローを宿しています。

「クレア・オースチン」の株
_DSC0842_2020_5_4.jpg2020.5.4撮影
結構沢山の花が次々に咲きます。

「クレア・オースチン」の花
_DSC0920_2020_5_5.jpg2020.5.5撮影
正面からの写真です。一番きれいな時期を撮れなくて、この写真しかなかったです。

「クレア・オースチン」の株
_DSC0917_2020_5_5.jpg2020.5.5撮影
左側に写っているピンクの花は、シャリファ・アズマです。

「クレア・オースチン」の株
_DSC0938_2020_5_6.jpg2020.5.6撮影
反対側から撮りました。
ツルバラのようにシュートが伸びるので切って切って高さを2m程に抑えてます。

花の終わりの頃「クレア・オースチン」の株
_DSC1128_2020_5_11.jpg2020.5.11撮影
花付きは抜群に良いと思います。
香りはそれほど強くはありません。フルーツ系のやや強香です。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。






2020年8月 エモーション・ブルー

2020.8.14 今日の宮崎市は、朝から雲一つない青空、連日36℃から37℃の猛暑が続いています。

今日紹介するのは、フランスデルバール社の「エモーション・ブルー」
明るい薄紫色の大輪丸弁高芯咲き。強健で育てやすいシュラブ品種。香りはフルーツ・ダマスク・ミルラをミックスした複雑 な香りの強香。2013年日本名 ローズ・シネルジックに変更。
2013.1.11:はなごころ(はなはなネット)で国産苗購入・地植 良く伸びますが暴れまくります。

5月1日の「エモーション・ブルー」
_DSC0682_2020_5_1.jpg2020.5.1撮影
写真下の花の様子から、数日前から咲き始めていたようですが、写真を撮れていなかったです。
最初はシルバーがかった薄紫の花です。

5月4日の「エモーション・ブルー」
_DSC0840_2020_5_4.jpg2020.5.4撮影
アーチに咲かせようとしましたが、無理でした。
御覧のようにステムが彼方此方に伸びて自由気ままに咲いてます。
花としては満開のようです。

「エモーション・ブルー」の花
_DSC0843_2020_5_4.jpg2020.5.4午前中撮影
咲き始めの花、綺麗ですね。

「エモーション・ブルー」の花
_DSC0856_2020_5_4.jpg2020.5.4午後に撮影
上の花が少し開いてきました。
正面から、この頃が一番きれいな時期です。

「エモーション・ブルー」の株
_DSC0913_2020_5_5.jpg2020.5.5撮影
満開です。
現在の樹高2m以上、かなり大きくなります。
シュラブローズですが、四季咲です。
年の1・2本しかシュートが出ませんが、そのシュートが良く伸びその先に花をつけます。

「エモーション・ブルー」の株
_DSC1029_2020_5_7.jpg2020.5.7撮影
今年の一番花はこれで終わり?
でも直ぐに2番花に移行します。
8月中旬現在、宮崎市では3番花が終わったところです。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。

2020年8月 LDブレスウエイト

2020.8.6 今日の宮崎市は、梅雨明け以降暑い日が続いています。
最高気温は32℃~33℃とそれほど高くないのですが、日光が強いです。

今日紹介するのは、ERの「LDブレスウエイト」
オールドローズ・ハイブリット系
ERの中で最も鮮やかな「クレムゾンレッド」の大輪の花。ステムが強く枝垂れて咲くことはない。株はブッシュ状ですが、結構伸びます。香りはオールドローズ香の中香から微香。
2010.6:輸入苗・地植 今年で11年目を迎えます。

今年は4月末に咲き始めました。
_DSC0761_2020_5_2.jpg2020.5.2撮影
最初は、カップ咲きから咲き始めますが、あっという間にロゼット咲きとなります。
このバラの特徴は、なんといっても鮮やかなクレムゾンレッド、初めて見たときは何という鮮やかな赤と、感銘しました。

L・Dブレスウエイトの花
_DSC0800_2020_5_3.jpg2020.5.3撮影
残念ながら私の写真の腕では、花色を表現するのは非常に難しいです。
奥の花色をやや濃くしたような色、がやや近いです。
デビット・オースチンのカタログでは、ダマスクの強香となってますが、我が家では微香に近いです。
その代わりに、花期は長いです。

「LDブレスウエイト」の株
_DSC0872_2020_5_4.jpg2020.5.4撮影
何時もの事ですが、ステムが長いので、やや纏まりが悪くなります。

「LDブレスウエイト」
_DSC0907_2020_5_5.jpg2020.5.5撮影
現在1.5m程に切り詰めてますが、写真のようにステムが伸びてその上に花が付きます。

「LDブレスウエイト」
_DSC0936_2020_5_6.jpg2020.5.6撮影
花径12cmの大輪です。ステムはしっかりしているのですが、雨が降ると水が花弁の間にたまって重さで花首から折れてしまいます。
この頃がLDブレスウエイトは満開、一番きれいな頃だと思います。

「LDブレスウエイト」
_DSC1039_2020_5_8.jpg2020.5.8撮影
咲き進んだ花に日光が当たると、花色が褪せてしまいます。
手前の白い花は別のバラです。

「LDブレスウエイト」
_DSC1099_2020_5_9.jpg2020.5.9撮影
この写真で良く分かると思いますが、クレムゾンレッドの花が咲き進むと、色あせていきます。

「LDブレスウエイト」
_DSC1177_2020_5_12.jpg2020.5.12撮影
盛りを過ぎて花数が少なくなってきました。

「LDブレスウエイト」
_DSC1258_2020_5_15.jpg2020.5.15撮影
LDブレスウエイト、次々と咲いて2週間ほど咲き続けました。

最後まで見て頂き有難うございました。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR