FC2ブログ

2020年6月 ジャック・カルティエ

2020.6.27 今日の宮崎市は、朝から曇り空と思っていたのですが、雨が降り始めました。
今日紹介するバラは、ポートランド系オールドローズの「ジャック・カルティエ」です。
1868年 フランス
花径8cm、ピンクの花びらはクシュクシュのロゼット咲き、中心にボタン・アイを持ちステムが短く葉っぱの上に花が咲く 姿が特徴、オールドローズ香強香、
フランスの探検家ジャック・カルティエに捧げられたバラ。
1534年、ジャックは国王フランソワ1世の命を受けてフランス出発し、カナダのニューファンドランド島より上陸内陸部 へ。赤毛のアンの舞台となったプリンス・エドワード島やセント・ローレンス湾を発見し、「領土宣言」。先住民の「カンナータ」という言葉からカナダという名前を使い始めた。等のエピソードがある。
2010.11:HSで500円で購入・地植 今年で11年目を迎えます。

「ジャック・カルティエ」の花
_DSC0783_2020_5_3.jpg 2020.5.3撮影
花径8cm程中心部にボタンアイが見えます。

「ジャック・カルティエ」の花
_DSC0866_2020_5_4.jpg 2020.5.4撮影
中心部奥の花でよく判りますが、葉っぱの上に花が咲くような特徴のある咲き方です。
ステムがほとんどありません。
私は、オールドローズらしい元気な葉っぱも好きです。

「ジャック・カルティエ」の花
_DSC0881_2020_5_5.jpg 2020.5.5撮影
2日経過すると、花数が増えてきました。

「ジャック・カルティエ」の花
_DSC0930_2020_5_6.jpg 2020.5.6撮影
同じようの写真ですが、時間の経過とともに花色は少しづつ退色し、白っぽくなります。

「ジャック・カルティエ」の株
_DSC1045_2020_5_8.jpg 2020.5.8撮影
最初に咲いた花はもう散り始めてます。

「ジャック・カルティエ」の花
_DSC1084_2020_5_9.jpg 2020.5.9撮影
咲き始めて2・3日後の花です。少し退色が進んでます。
中心のボタンアイも形が崩れ始めてます。

「ジャック・カルティエ」の株
_DSC1147_2020_5_11.jpg 2020.5.11撮影
宮崎市は、この頃になるとコガネムシ(ハナムグリ)も増えてきます。
香りが良いのでコガネムシが結構寄ってきます。

「ジャック・カルティエ」の株
_DSC1186_2020_5_12.jpg 2020.5.12撮影
東側から撮りました。
中央がぽっかり空いてますが、去年花が沢山咲いて倒れてしまった枝を切ったところ底に穴が開いてしまいました。
ジャックカルティエは、10年を経過すると新しいシュートは出難くなるんですね。サイドシュートは出ますがベイサルシュートは2020年もまだ出てません。
気長に待つしかないですね。

「ジャック・カルティエ」の株
_DSC1255_2020_5_15.jpg 2020.5.15撮影
ジャック・カルティエは、元気な枝には1本のステムに3個以上の蕾が付くので、次々と花が咲き結構長期間咲き続けます。
病気にも強くうどん粉病はもとより黒星病も殆ど出ません。

outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR