FC2ブログ

2018年12月バラの手入れ

2018.12.23 昨日は冬至、今日はクリスマスの前日と言うのに昼間の最高気温は、20℃庭仕事をすると汗が出ました。
現在咲いているバラは、極僅か少なくなりました。
ORの「ミセス・ジョンレイン」
DSC_7827_2018_12_18.jpg 2018年12月18日撮影
冬のバラは花弁がチジレてなかなか咲いてくれません。

「ミセス・ジョンレイン」の株
DSC_7824_2018_12_18.jpg 2018年12月18日撮影
12月18日のミセス・ジョンレインの株です。
後ろの赤いバラはアンジェラです。

先週に続き「ソンブレイユ」の土壌改良です。
DSC_7830_2018_12_23.jpg 2018年12月23日撮影
株の下まで掘ってみたところ、表面から30cmの所にガチガチに固まった川砂の層が10cm、その下は砂利混りの堅い土の層となっていて、表面20cmから30cmにのみ根が張っていました。
先週に掘った時は、てっきりソンブレイユの根っこと思っていた元気の良い根っこは、隣の「ファンタン・ラトゥール」の根(手前側の太い根)でした。
そして、ソンブレイユの根っこの大部分は黒く変色しポキポキ折れてしまいました。排水が悪く根腐れしたのか、カミキリムシが根頭の大切な部分を齧って幹が枯れたので根も枯れてしまったのか、どちらかは判りませんが、まだ弱い根が少し残っていますので、回復することを願って深さ60cm程根っこの真下以上に掘り進みました。

「ソンブレイユ」の根元の石混りの土を選別
DSC_7829_2018_12_23.jpg 2018年12月23日撮影
後ろに見える台は自作の回転式砂利土選別機(トロンメル)、掘り上げた土をスコップで手前の直径52cmの穴に入れると、回転する金属網の中を通過しながら砂は下に落ち、1cm以上の大きさの石は最後まで残り奥の一輪車の中に落ちることにより、砂と石にふるい分けらます。
トロンメルの下に小山になっているのが砂、一輪車の中には石があります。

もう少し近寄ると
DSC_7831_2018_12_23.jpg 2018年12月23日撮影
全部の土をふるい分けた後、綺麗な土に乾燥牛糞4袋と苦土石灰・ダイアノジン粒剤を均一に混ぜこみました。
根っ子が深くなりすぎないように注意しながら少しづつ埋め戻し、ソンブレイユの手前側半分程がふかふかの土に入れ替わりました。

土壌改良が完了
DSC_7832_2018_12_23.jpg 2018年12月23日撮影
完成です。
今日23日は、午後雨の予定でしたが、雨は降らずづーっと曇り、おかげで作業は無事終わりました。
このように綺麗に仕上がりました。
雨が降らなければ明日水遣りをします。
「ソンブレイユ」が元気に回復しましように!

最後まで見て頂き有難うございました。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR