FC2ブログ

2016年11月のバラⅡ

2016.11.27 日曜日 宮崎市は雨、朝から冷たい雨が降っています。

11月20日ごろに咲いたバラと根頭癌腫病についてその後を紹介します。

ERの「セント・セシリア」
DSC_3806_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
11月になってようやく綺麗なセント・セシリアらしい花が咲き始めました。

ERの「セント・セシリア」
DSC_3807_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
でも、今の時期咲く花は、どの花も2m以上の高いところで咲いています。

ORの「コーネリア」
DSC_3814_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
11月の花は色が濃く香りが強いです。

ERの「スピリッツ・オブ・フリーダム」
DSC_3816_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
この花は完全に開き切ることはなさそうです。
花弁が丸く膨らんで、ある程度大きくなるとはらはらと散っていきます。
そして、細い枝にたくさんの蕾をつけているため、枝が枝垂れてしまいます。
でも、とてもいい香りです。

ERの「スピリッツ・オブ・フリーダム」
DSC_3834_2016_11_21.jpg 11月21日撮影
右側の花の様に先端が少し開いた状態までしか開きません。
今時これだけの花をつけてくれるのは嬉しいです。

ERの「エグランティーヌ 別名マサコ」
DSC_3817_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
ボタンアイもしっかり見えて、エグランティーヌらしい花姿です。
花数は少なくてパラパラとしか咲いていませんが、とても綺麗です。

ERの「エブリン」
DSC_3818_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
淡いアプリコットピンクの色合いが素敵です。
そして何といってもその香りはERの中で唯一の良い香りです。

ERの「キャサリンモーレー」
DSC_3823_2016_11_20.jpg 11月20日撮影
柔らかい淡いピンクのグラデーションが素晴らしいバラです。
このバラも花数は少ないですが、1輪1輪はとても綺麗です。

根頭癌腫病のその後
とりあえずの処置として、地植えのバラは癌腫部をナイフで切り取り、その後木酢液原液をたっぷりと振りかけました。
「ジュード・デ・オブスクエアー」の根元
DSC_3894_2016_11_26.jpg 11月26日撮影
右側の枝は根元から切り取り、癌腫があったところを切り取りました。
癌腫の出ている痕跡から想像すると、カミキリムシに入られ幼虫にかじられた所を、修復しようとして樹液を出したところに癌腫菌が入ったのではないかと思います。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の根元
DSC_3895_2016_11_27.jpg 11月27日撮影
昨日は曇りの中、癌腫部をナイフで削り、その後木酢液を振りかけたのですが、写真を撮り忘れていましたので今日の写真です。
一見、癌腫など何もなかったように見えますが。。。
樹勢が強く、あまり多くはありませんが綺麗な花が幾つか咲いています。

その他の対策
1、剪定バサミを癌腫にかかったバラ用とそのほかのバラに使い分け、使った後熱湯消毒するようにしました。
2、鉢植えのバラ(「カーディナル・ド・リシリュー」「ポール・ネイロン」は、植え替え時に対策を考えようと思っています。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR