FC2ブログ

2015年のバラの開花 5月10日~12日

2015年5月30日 晴れのち雨
今日は午後3時頃まで草取り、その後雨になったのでまだアップしてなかった写真をアップします。

5月10日の写真
1枚だけですがERの「フール・スタッフ」 5月10日
DSC_0053_2015_5_10.jpg新しいシュートも伸びてきました。
花弁の重ねが多いため雨が降ると花首が折れてしまいます。

先週に続きERの「セント・セシリア」 5月11日
DSC_0063_2015_5_11.jpg遅咲きのセントセシリアはこの頃が満開です。
手前のピンクはチャールズ・レニー・マッキントッシュ奥はジュード・ディ・オブスクエアーが少しだけ写っています。

「セント・セシリア」株の状態は 5月12日
DSC_0109_2015_5_12.jpgこんな感じです。
満開、とても綺麗に咲きました。

次は先日も紹介したORの「ファンタン・ラトゥール」 5月11日
DSC_0072_2015_5_11.jpgフワフワッとした花弁に淡いピンクにほんのりと紫がかったグラデーションは本当に綺麗です。

「ファンタン・ラトゥール」沢山の蕾があるので開花時期がとても長いです。 5月11日
DSC_0071_2015_5_11.jpgそして本当にダマスク系の香りが素晴らしいです。

「ファンタン・ラトゥール」株全体、満開です。 5月11日
DSC_0070_2015_5_11.jpg一季咲きでもこれだけの花が見られれば満足です。

ERの「ウイリアム・モリス」 5月11日
DSC_0080_2015_5_11.jpgここのところは綺麗に咲きました。
1月に植え替えたので、今一調子が悪いです。

「レオナルド・ダビンチ」 5月11日
DSC_0083_2015_5_11.jpg鉢から地植えにおろしたら、沢山咲きました。
まだ株は小さいです。来年は期待できそうです。

「バレリーナ」 5月11日
DSC_0101_2015_5_11.jpg遅咲きのバレリーナが咲き始めました。

「バレリーナ」アンジェラのアーチの反対側に植えています。 5月11日
DSC_0102_2015_5_11.jpg


2015年のバラの開花 5月8日~10日

2015.5.23土曜日 曇り時々晴れ 気温26℃ 夕方小雨

5月8日に咲いていたバラ
ERの「アランティッチ・マーシュ」 5月8日
DSC_0850_2015_5_8.jpg株丈1.6m程に仕立てています。
ステムが細いのでいつも枝垂れて咲きます。

ERの「ジュビリー・セレブレーション」 5月8日
DSC_0852_2015_5_8.jpg今年は遅咲きですね。
去年に比べステムが短くていい感じの株になりました。
寒肥遣りが少なく、丁度いい伸び具合いになりした。

「ジュビリー・セレブレーション」の花 5月8日
DSC_0864_2015_5_8.jpg咲き始めはこんな感じです。
フルーティな香りとマッチしています。

「ジュビリー・セレブレーション」の花 5月10日
DSC_0034_2015_5_10.jpg2日後にはこのように沢山の花が咲きとても豪華に!

「ジュビリー・セレブレーション」の株 5月10日
DSC_0032_2015_5_10.jpg株丈1.6m、ほぼ満開です。
花色とその花形、フルーティな香りの強香、育てやすくて強健と3拍子揃ったバラです。

ダマスク系ORの「マダム・アルディ」又は「マダム・ハーディ」 5月8日
DSC_0854_2015_5_8.jpg純白の中輪、確かに綺麗な花です。
香りはダマスクの強香です。

ORの「マダム・イーザック・プレール」 5月8日
DSC_0862_2015_5_8.jpg現在鉢植えです。巷ではORの中で最も魅力的な香りが強い。。。
我が家ではそこまで強香ではありませんが、花はこのようにとても魅力的、豪華で特徴があります。

ERの「セント・セシリア」 5月9日
DSC_0018_2015_5_9.jpg咲き始めは中央のピンクが可愛いです。

「セント・セシリア」 5月10日
DSC_0048_2015_5_10.jpgいい感じのカップ咲きです。
散るまでカップ咲きのままです。

「セント・セシリア」の株 5月9日
DSC_0022_2015_5_10.jpgステムが長く樹形が今一定まりません。

消毒
下草を取るときダニにまけることがあったので、殺虫剤はスミチオン乳剤千倍にマラソン乳剤2千倍そしてBT剤のバシレックス水和剤千倍を混ぜ、殺菌剤はトップジンM水和剤千倍とダコニール水和剤千倍、展着剤はアプローチBI千倍液で行いました。
先週も殺虫剤はほぼ同じ、殺菌剤はベンレート水和剤とジマンダイセン水和剤の組み合わせで実施。

今日も全部見て頂きありがとうございました。

2015年のバラの開花 5月7日・8日

2015年5月19日

5月7日・8日に咲いたバラを紹介します。
5月7日
ERの「LDブレスウエイト」 5月7日
DSC_0808_2015_5_7.jpg今年は株全体が少し小さくなったような。。。

デルバールの「ダム・ドゥ・シュノンソー」 5月7日
DSC_0810_2015_5_7.jpg大輪でよく咲きます。

ERの「セント・セシリア」  5月8日
DSC_0830_2015_5_8.jpg遅咲きのセント・セシリアが咲き始めました。
ダマスク+ミルラ系のいい香りです。

ORの「ファンタンラトゥール」 5月8日
DSC_0832_2015_5_8.jpg今年は沢山咲きました。
「ファンタンラトゥール」 5月8日
DSC_0835_2015_5_8.jpg甘くて素晴らしい香りです。
「ファンタンラトゥール」 5月8日
DSC_0838_2015_5_8.jpg今年は本当に沢山咲きました。
「ファンタンラトゥール」大好きなバラの一つになりました。

南東側のアーチです。
左の白が「ソンブレイユ」、右のピンクは「ルイーズ・オジェ」 5月8日
DSC_0839_2015_5_8.jpgルイーズ・オジェは2月ごろ移植したばかりです。
アーチの下は本当にいい香りに包まれます。

先週紹介した「レディ・エマ・ハミルトン」 5月8日
DSC_0844_2015_5_8.jpgフルーツ系のいい香りです。

ORの「ミセス・ジョンレイン」 5月8日
DSC_0847_2015_5_8.jpgダマスク系のいい香り、強香です。
株も徐々に大きくなっています。

ERの「ブラザー・カドフィール」 5月8日
DSC_0849_2015_5_8.jpgダマスク系のいい香り、強香です。
今年は剪定時に欲張りすぎて花が少なめです。
バラは難しいですね。

2015年のバラの開花 5月6日

2015年5月13日水曜日 宮崎市は台風6号一過の爽やかな天気となりました。

先日に引き続き5月6日に咲いたバラを紹介します。
ERの「ジェントル・ハーマイオニー」
DSC_0722_2015_5_6.jpg中心部はなんともいえない柔らかいピンクのカップ咲きで咲き始めます。

そして「ジェントル・ハーマイオニー」が咲き進むと
DSC_0721_2015_5_6.jpgピンクが退色して目が眩みそうな、淡いピンクを帯びた大輪の花となります。
本当に素晴らしい色です。香りはミルラ系のやや強香程度です。

ポートランド系ORの「ジャック・カルティエ」
DSC_0727_2015_5_6.jpgステムが殆ど無い独特の花姿で咲きます。
ダマスク系のいい香り、強香です。

ERの「グラミス・キャッスル」
DSC_0726_2015_5_6.jpg中大輪の純白の花が結構良く咲きます。

デルバールの「コンテス・ドゥ・セギュール」
DSC_0729_2015_5_6.jpg株は強健で蔓バラのように結構暴れます。花つきは良い方だと思います。
香りもフランス系(現代)ダマスクの強香です。

ORの「ミセス・ジョン・レイン」
DSC_0730_2015_5_6.jpg株は直立系細いステムが真っ直ぐに伸び、その上にピンクの大輪を咲かせます。
四季咲き性も抜群です。
香りはダマスク系の強香です。

先日も紹介したERの「クロッカス・ローズ」
DSC_0734_2015_5_6.jpg2日後にはこのように咲きました。
香りはティー系のやや強香、カップ咲きで咲き始めロゼット咲きに咲き進む素晴らしいバラだと思います。
地植えして7年、高さ1.5m幅1.8m強健で比較的病気にも強いと思います。

現代バラ「ロココ」
DSC_0739_2015_5_6.jpg2日後にはこのように大輪の花が開きました。
香りは中香程度です。

アーチの「アンジェラ」(2代目)
DSC_0732_2015_5_6.jpg初代「アンジェラ」はカミキリムシに入られ枯れてしまい、2代目です。
地植えして4年目でアーチの半分ほどになりました。
カップ咲きの小輪咲き、香りは殆どありません。
強健です。

ERの「レディ・エマ・ハミルトン」
DSC_0735_2015_5_6.jpg柑橘系フルーツ香、すごく香りのいいバラです。
株丈は60cmほどの小さなバラです。我が家ではあまり大きくなりません。


5月4日・6日に咲いたバラ

5月10日日曜日 昨日の雨から今日は朝から晴天となりました。
今日も何人かバラ見学に見えました。

5月4日に咲いたバラ
「ロココ」 5月4日撮影
DSC_0692_2015_5_4.jpgロココの花は思っていた以上の大輪、花径15cm程でした。
右側は去年1年苗を近くのスーパーの園芸部で780円で買い1年間鉢で育てもの、左は今年愛媛県のナーサリーから長尺苗を10倍の価格で買ったものです。
両方とも順調に育ち沢山の花が咲きました。
ベイサルシュートも立ち上がってきました。順調に育てば来年は上まで(2.5m)届きそうです。

ERの「ジ・アルンウイック・ローズ」 5月4日撮影
DSC_0696_2015_5_4.jpg冬場の手入れが悪かったため?今年は花数が少ないです。

ERの「クロッカス・ローズ」 5月4日撮影
DSC_0697_2015_5_4.jpg5月4日ごろが満開に近いです

「クロッカス・ローズ」の株全体 5月4日撮影
DSC_0699_2015_5_4.jpg 7・8部咲きと言ったところでしょうか。
香りはティー系の強香からやや強香です。

ERの「ワイルド・イブ」満開状態 5月4日撮影
DSC_0700_2015_5_4.jpgやや横広がりの株はあまり大きくなりません。
花は大輪ダマスク系のいい香りです。

ERの「フォール・スタッフ」 5月4日撮影
DSC_0703_2015_5_4.jpg赤形の色ですが、紫を帯びたいい色です。
香りは強香と書いてあるのですが、中香程度でしょうか。

ERの「ジュード・ディ・オブスクエア」 5月6日撮影
DSC_0717_2015_5_6.jpg 5月6日現在、もう8部咲きです。

「ジュード・ディ・オブスクエア」の株 5月6日撮影
DSC_0710_2015_5_6.jpg本当にいい香りです。
ERの中では最も良く香る代表種だとおもいます。

「アイスバーグ」の株 5月6日撮影
DSC_0709_2015_5_6.jpg満開です。花持ちがいいです。

ORの「ルイーズ・オジェ」 5月6日撮影
DSC_0720_2015_5_6.jpg花径7cmほどの中輪ですが、とても可愛く咲きます。
香りもダマスク系の強香です。沢山の花が咲きますので周辺にいい香りが漂います。
今年はアーチの片方に植え替えました。西側はソンブレイユ、アーチ全体の写真は後日アップします。


2015年のバラの開花第50号以降

2015年5月9日 小雨気温20℃ほど少し肌寒く感じる気温です。
朝から小雨、外での庭仕事は出来ないので、先週アップできなかった50番目以降に咲いたバラをアップしようと思います。

性格に何番目に咲いたかはもう判らなくなってきました。
最初はERの「ジュード・ジ・オブスクエアー」5月4日撮影
DSC_0673_2015_5_4.jpg咲き始めはボールのようにまん丸です。

株を見るとこのように咲いています。5月4日撮影
DSC_0671_2015_5_4.jpgフルーツ系の素晴らしい香りです。
私の友達がバラを見に来てくれた時、この香りを絶賛してました。

ORの「ファンタン・ラトゥール」5月4日撮影
DSC_0672_2015_5_4.jpgナイーブな花色と、花形やや乱れ気味のロゼット咲きで咲いています。花色はピンクに極僅かな紫色が乗っている微妙な色合いです。

先日もアップした「アイスバーグ」5月4日撮影
DSC_0678_2015_5_4.jpg

全体はこんな感じで咲いています。5月4日撮影
DSC_0676_2015_5_4.jpg

ORの「スベニール・ド・ドクトル・ジャーメイン」5月4日撮影
DSC_0687_2015_5_4.jpg現在鉢植えです。

ブルボン系ORの「マダム・イザック・プレール」5月4日撮影
DSC_0684_2015_5_4.jpgプレール夫人も鉢植えです。

ブルボン系ORの「マダム・ピエール・オジェ」5月4日撮影
DSC_0688_2015_5_4.jpg

同じく「マダム・ピエール・オジェ」5月4日撮影
DSC_0689_2015_5_4.jpg現在アーチに仕立てています。
今年はいまいち調子が悪いです。

最後はORの「コンテ・ド・シャンポール」5月4日撮影
DSC_0686_2015_5_4.jpgERのガートルート・ジーキルの片親です。
先日もアップしましたが、香りロゼット咲きの花形などガートルート・ジーキルにそっくりです。

2015年のバラの開花第43号以降

2015年5月6日 今日でゴールデンウイークも終わりです。
5月になってから咲いた(正確には綺麗な写真が取れた)バラの紹介です。

第42番目はポ-トランド系オールドローズ「ジャック・カルティエ」 5月1日撮影
DSC_0578_2015_5_1.jpg今年も沢山咲いています。
繰り返し良く咲くバラです。

第43番目はERの「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」5月1日撮影
DSC_0600_2015_5_1.jpgとても豪華に咲きます。

第44番目はERの「クロッカス・ローズ」5月2日撮影
DSC_0615_2015_5_2.jpg毎年本当に沢山咲きます。
香りはティ系のやや強香から強香と言ったところです。

第45番目はフランス・デルバールの「シャンテ・ロゼ・ミサト」」5月2日撮影
DSC_0609_2015_5_2.jpg花弁の外側と内側の色がとても可愛いバラです。
香りは強香からやや強香です。

第46番目はブルボン系オールドローズの「ルイーズ・オジェ」」5月2日撮影
DSC_0620_2015_5_2.jpg花径は中輪6cmから7cmダマスク系の強香です。

第47番目はケンティフォーリア系オールドローズの「ファンタン・ラトゥール」」5月2日撮影
DSC_0623_2015_5_2.jpgダマスク系の強香、とてもナイーブな花弁です。

第48番目はハイブリット・パーペチュアル系オールドローズの「ブラック・プリンス」」5月2日撮影
DSC_0624_2015_5_2.jpg中大輪とても濃い赤色です。

第49番目はERの「フォール・スタッフ」5月2日撮影
DSC_0628_2015_5_2.jpg花径は12cmほどの大輪です。咲き始めは濃い赤色から咲き進むとダークレッドから濃紫を帯びてきます。花数はあまり多い方ではありませんが、花色の変化を楽しめます。香りはダマスク系のやや強行です。

5月5日消毒
殺菌剤治療薬ベンレート2000倍予防薬フルピカフロアブル3000倍、殺虫剤BT剤バシレックス水和剤千倍+オルトラン乳剤500倍、展着剤アプローチBI千倍を散布

2015年のバラの開花第34号以降

2015年.5月3日 5月2日からゴールデンウイークが始まり2日は晴れ、3日曇り時々雨です。
先日に続き今年の開花状況です。

第34番目はERの「ウイリアム・モリス」4月28日撮影
DSC_0497_2015_4_28.jpgティー系を主にフルーツ香をミックスした強香からやや強香です。
今年2月始めに植え替えたのですが、順調に伸びています。

第35番目は同じくERの「マサコ、エグランティーヌ」4月28日撮影
DSC_0498_2015_4_28.jpgカミキリムシに入られ株はちょっと伸び悩んでいますが、何とか回復しそうです。


第36番目はガリカ系オールドローズ「カーディナル・ド・リシュリュー」4月28日撮影
DSC_0504_2015_4_28.jpgまだ鉢植え、今年は植え替え時期が送れ、花数は少なく伸び悩んでいます。


第37番目はブルボン系オールドローズ「バリエガータ・デ・ボローニャ」4月28日撮影
DSC_0509_2015_4_28.jpgブルボン系では珍しいイタリアで作出されたバラ、1季咲きです。

第38番目はチャイナ系オールドローズ「ソフィーズ・パーペチュアル」4月29日撮影
DSC_0526_2015_4_29.jpg最初の頃に咲き始めたのですが、写真を撮り損ねていました。

第39番目はフランスデルバールの「コンテス・デュ・セギュール」4月29日撮影
DSC_0530_2015_4_29.jpg今年は花が少なめです。

第40番目はポートランド系オールドローズ「コンデ・ド・シャンボール」4月29日撮影
DSC_0544_2015_4_29.jpgERのガートルード・ジェキルの片方の親だそうです。
ダマスク系の甘い香りも花の形もそっくりです。

第41番目は名花「アイス・バーグ」4月29日撮影
DSC_0537_2015_4_29.jpg清楚な姿で咲き始めました。

第42番目はERの「セプタード・アイル」4月29日撮影
DSC_0552_2015_4_29.jpg花色とシベ、いつ見ても可愛いです。

outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR