FC2ブログ

秋バラ

宮崎は今日も良い天気でした。
ティーローズのマダム・ブラヴィ
DSC_0264_2013_11_30.jpg
花径はあまり大きくありませんが、先週から咲いています。
ステムが極端に細いため、蕾のうちは上を向いているのですが、花が開くにつれ真下を向いてしまいます。
下から見ると花の中心部は僅かにピンクを帯びています。
蕾は沢山あるのですが、なかなか綺麗に咲いてくれません。

ERのセプタード・アイル
DSC_0270_2013_11_30.jpg

春の花より色が濃いですね。
この花もやや下を向いて咲いています。

次はデルバールのエモーション・ブルー
DSC_0274_2013_11_30.jpg
開くのが極めてゆっくりなのでどうしても花弁が汚れてしまいます。
香りはとて良い香りです。


ERのワイルド・イヴです。
DSC_0278_2013_11_30.jpg
夏以降消毒をしなかったので、葉っぱはほとんど落ちてしまったのですが、花だけ綺麗に咲いています。
春の花は中心部が黄色を帯びることはなかったのですが、秋は特別な色で咲きますね。

ERのジェントル・ハーマイオニーです。
DSC_0280_2013_11_30.jpg
一昨日に開き始め朝のうちはカップがもう少し締まっているのですが、気温が上がる10時過ぎにはこのように開きました。
何とも言えない素晴らしい色で咲きました。
中心部はボタンアイも覗いて可愛いですね。
蕾は後3個ほど、咲いてくれるかなー。

秋バラ

前回の続き11月26日のシャルル・ドゴール
DSC_0197_2013_11_26.jpg
少ししみが出てきましたが、まだまだ十分綺麗です。
11月27日朝も同じように咲いていました。秋は花持ちがとても良いですね。

プリンセス・ドゥ・モナコ
DSC_0202_2013_11_26.jpg
少し外側の花弁は汚れてしまいましたが、大輪に咲きました。

ERのグラミス・キャッスル
DSC_0211_2013_11_26.jpg
春と同じくらいの花径、花弁も十分に咲きました。
現在3輪ほどの房咲?で咲いています。黒星病で葉が汚く見苦しいですが。。。
もう1輪咲いていたのですが、25日の雨と風でステムが付け根から折れてしまいました。

次はマダム・アルフレッド・キャリエール
DSC_0210_2013_11_26.jpg
ステムが細いのでいつもしだれて咲いています。
花数は少ないのですが、ポツリポツリと絶え間なく咲いてます。

最後はERのウエッジウッド・ローズ
DSC_0207_2013_11_26.jpg
このバラもステムが細くいつも枝垂れて咲いています。
他にもいくつか咲いてはいるのですが、花弁が汚くて写真に残せませんでした。

シャルル・ドゴール

秋色のシャルル・ドゴールが咲きました。
DSC_0162_2013_11_23.jpg
2013年11月23日朝9時ごろの写真です。
昨日の朝はまだ開き初めだったのですが、運良く今日(土曜日)に開きました。
花径も十分大きく春の一番花より大きいかもしれません。
とても素晴らしい色と形で咲いたので今日はこの藤色のグラデーションを見てほしくて、シャルル・ドゴールだけにします。

そして昼12時頃にはこのように開いてきました。反対側から撮った写真です。
DSC_0174_2013_11_23.jpg
ほとんど傷も無くとても綺麗に咲いています。
そして柑橘系のさわやかなフルーツ香が良く香って素晴らしかったです。
このバラを育てて3年ほど?ですが、こんなに綺麗な花を見たのは初めてのような気がします。

今日は芝生のエッジ切をしたのですが、何回も休んでは素晴らしい香りをかぎ、その度にうっとり幸せな気分に浸っていました。
まだ蕾が7~8個付いているので、しばらくの間綺麗な花を楽しめそうです。

秋のバラ

ORのスヴェニール・ド・ラ・マルメゾン
DSC_0103_2013_11_17.jpg
春の花とは違いカップ型の花形、色も外側は白内部がペールピンクと咲いています。
この状態でもう2・3日ゆっくりゆっくり咲いています。

次は前にも紹介したメアリー・マグダーレン
DSC_0134_2013_11_20.jpg
11月22日の花色です。
同じく2日後のマグだーレンです。
DSC_0152_2013_11_22.jpg
今の時期は花色の変化が素晴らしいです。
出勤前のほんの一時、うっとり眺めています。

次はORのマダム・アルフレッド・キャリエール
DSC_0146_2013_11_22.jpg
細い枝に枝垂れて咲いています。
淡いほんのりピンクがとても可愛い色で咲いています。

最後はシャルル・ドゴール
DSC_0159_2013_11_22.jpg
今朝はもうすぐ開きそうでした。
やはり秋はとても素敵な色で咲きそうです。

秋のバラ

ERのゴールデンセレブレーション
DSC_0045_2013_11_15.jpg
2m以上高いところで咲きました。
春に負けないほど充実した花となりました。

デルバールのコンテス・ドゥ・セギュール
DSC_0052_2013_11_16.jpg
このバラは四季咲きとはなっていないと思いますが、花持ちがとてもよく、次々に咲くので宮崎の暑い我が家では常に数輪咲いています。
花径は7~8cm丁度良いくらいの大きさ、病気に強く他のバラが黒星病で葉っぱを落としてもこのとおりあまり黒星が現れません。
香りはやや強香程度です。

ブラザー・カドフィール
DSC_0053_2013_11_16.jpg
先日の花が完全に開ききったところです。

ORのフランシス・ドュプリュイ
DSC_0073_2013_11_17.jpg
現在鉢で管理していますが、中大輪のカップ咲き、良い色で咲きました。
香りも強くダマスク系を基調とした良い香りです。

デルバールのエモーションブルー
DSC_0076_2013_11_17.jpg
大輪で咲いています。
花持ちがよく、今日昼間嗅いで見たところ香りも良いです。

秋バラ

秋の深まりと共に、バラの花径が大きく、色と香りが豊かになってきました。
ERのメアリー・マグダーレン
DSC_0951_1.jpg
咲き始めはこのように中心部がアプリコットを帯びていますが、咲き進むと純白に近い色へと変化します。
香りはミルラ系の香りです。
株丈も少しだけ大きくなりました。


次もERのセント・セシリア
DSC_0959_1.jpg
春はピンクが少し強く出ますが、秋はこのように全体が白っぽくなり、カップがほとんど崩れません。
香りはミルラ系を基調とした良い香りです。

ERのバラザー・ガトフィール
DSC_0967_1.jpg
丸いボールのようです。
香りはダマスク系を基調とした香りです。

デルバールのシャトルーズ・ドゥ・パルム
DSC_0989_1.jpg
とても香りが強いバラです。

秋バラの季節

例年より少し遅れて、秋バラの季節到来でしょうか?
ERのクラウン・プリンセス・マルガリータ
DSC_0941_1.jpg
11月6日朝、少し花弁が汚れていますが、花径は比較的大き目の整った花が咲きました。
秋バラらしく色も濃く、良い感じに咲いています。

デルバールのエモーション・ブルー
DSC_0942_1.jpg
1週間ほど前から咲いているのですが、花弁が汚れてUPする気になれなかったバラです。
春と同じくらいの大きさで沢山咲いています。
このバラは宮崎の暑さにも負けずよく伸び(成長し)、そしてよく咲きます。
色はブルー系というよりシルバー系といったほうが良いかも知れません。紫を帯びた淡いピンク色です。
香りは強香種となっているのですが、やや強香程度?かな。

ERのチャールズ・レニー・マッキントッシュ
DSC_0945_1.jpg
何番花になるのでしょうか、再び咲き始めました。
秋の花らしく前回より色濃くなってきました。

ERのモルティマー・サックラー
DSC_0956_1.jpg
今朝(11月7日)玄関のアーチの下の方に4輪ほど咲いていました。
蕾から開いたばかり、雨上がりの朝日を浴びてとても綺麗です。
一番良い時期に写真に収めることが出来ました。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR