FC2ブログ

本格的バラの開花

4月も下旬に入り、一雨毎にケイズローズガーデンでは徐々に全体に開花が進みつつあります。

最初はERのストロベリー・ヒル
今年は花径10cmほどの大輪で咲いています。
DSC_0940_1.jpg
芳香はミルラを基調とした香りです。

次はERのウイリアム・モリス
少しうつむいて咲いています。のでステムを少し上向きにして撮りました。
DSC_0938_1.jpg
芳香はティ系とダマスク・フルーツの混ざり合った微妙な感じです。

ERのチャールズ・レニー・マッキントッシュ 4月25日
DSC_0970_1.jpg
少し遠景で撮ってみました。現在4・5個の花が咲き始めています

そして、カメラを近づけると。
DSC_0983_1.jpg
一番花は花径も大きく中心部の紫色が濃く、良い色で咲いています。
芳香、朝はあまり香りません。

4月26日朝
DSC_0019_1.jpg
中心部にボタンアイがしっかり見えています。

次は、ゴールデン・セレブレーション
DSC_0971_1.jpg
芳香はティ系を基調とした強香です。

オールドローズのラ・レーヌです。
DSC_0972_1.jpg
近所のスーパーの園芸部で買ったときの名札はレーヌ・デ・ビオレットとなっていましたが、花形からラ・レーヌだと思います。


そしてERのクラウン・プリンセス・マルガリータ
DSC_0978_1.jpg
2・3個の花が良い色で咲いています。

最後はERのクロッカス・ローズ 4月25日
DSC_0991_1.jpg
今朝開き始めました。
芳香はティ系のやや強香です。

そして4月26日朝には
DSC_0006_1.jpg
大輪の豪華に咲いています。

本格的なバラの開花。

昨日から雨が降りましたが雨前に撮った写真。
最初はERのグラミス・キャッスル
DSC_0843_1.jpg
4月20日の写真です。
今年は農薬による消毒をしたためグラミス・キャッスルがとてもきれいです。

2日後の4月22日には完全に開きました。
DSC_0930_1.jpg
ふんわりとした花形、ERの割には花持ちがいいです。
香りも少し変わっています。フルーツ・ティー・などが混ざった表現は難しいです。
3日後の4月23日のグラミス・キャッスルです。
DSC_0934_1.jpg
この頃が最も綺麗な時期だと思います。
グラミス・キャッスルの花が開ききった状態/正に満開の時/満開寸前の状態が隣り合って移っています。

次はスパニッシュ・ビユティ
一つ一つの花は
DSC_0920_1.jpg
ひらひらとしたピンクの大輪です。
香りはティー系にフルーツが混ざった甘い香りの強香です。

全体的には現在このような感じです。
DSC_0929_1.jpg
現在3分から4分咲きでしょうか、クリックすると拡大します。

本格的なバラの開花始まる?

先週末からいろいろな種類のバラが咲き始めました。
ERのメアリーマグダーレン
DSC_0830_1.jpg
カミキリムシに入られて以来、ノースポールに埋もれてしまいそうなほど小さくなってきました。
それでもこんなに綺麗な花を咲かせています。

ツルバラのエヴァー・ゴルド
DSC_0834_1.jpg
まだ2/3輪ですが、高いところから徐々に開いてきています。

ORのソフィーズ・パーペチュアル(チャイナ系)
DSC_0865_1.jpg
花径は中輪程度ですがすばらしいピンクのグラデーションで咲いています。

最後はORのスヴェニール・ド・ラ・マルメゾン
DSC_0873_1.jpg
今年は雨が少ないので綺麗な大輪の蕾がゆっくりと開いて、カップ咲きの淡いピンクの柔らかい花弁ながーく楽しめています。
この花は木立と蔓の両方を植えていますが両方とも素敵なダマスク香を漂わせています。
DSC_0871_1.jpg
(クリックすると拡大します。)
今年始めてこの花の良さが解ったような気がします。
去年は雨が多かったのでボーリングがひどくて。。。

新しいバラの開花。

昨日は雨のためあまり写真を撮ることが出来ませんでした。
雨の後、いくつかのバラが咲き始めました。
ERのパット・オースチン
DSC_0797_1.jpg
まだ1輪ですが、次の蕾も結構大きくなっています。
芳香はティ系の良い香りです。
朝はこのような姿だったのですが、夕方にはもうしょぼんと散りそうになっていました。
ERは本当に花期が短いです。
いまさら実感しています。

ORのルイ・フィリップ
いくつかの蕾が膨らんで開花しました。
DSC_0817_1.jpg
比較的小さ目の花です。
香りはあまり感じません。

ERのセント・セシリア
DSC_0816_1.jpg
芳香はミルラを基調とした良い香りです。

一昨日から紹介しているORのルイーズ・オジェ
DSC_0809_1.jpg
カップ型の濃い目のピンクの花、そして花持ちがとても良いです。
香りもカップ咲きの花も大好きになりました。

いつも早めに咲くスパニッシュ・ビユティ
DSC_0801_1.jpg
このはなも香りがとても良いです。
一季咲きですが我が家の春を告げる花です。


最後はマダム・アルフレッドキャリエール
DSC_0808_1.jpg
今年はもう10個ほど咲いているのですが、綺麗な花がなかなか咲いてくれませんでした。
いつもの年より少し紹介が遅れてしまいました。
近くに植えてあるシマトネリコに養分を吸い取られて去年はあまり咲かせることが出来ませんでした。
シマトネリコの根を2回も3回も切って少しは元気を回復しつつあります。

暑い日が続きます

昨日は最高気温が27度今日も同じくらいの気温でした。4月中旬というのに!
バラも徐々に開いてきました。
先日強風で花が飛んだオールドローズのルイーズ・オジェ
次の花が2輪ほど咲いてきました。
4月15日
DSC_0772_1.jpg
まだ開ききっていませんでしたが、
4月16日朝
DSC_0778_1.jpg
綺麗に開きました。
香りは甘いダマスク香です。

同じオールドローズのブルードネージュです。
DSC_0781_1.jpg
外側の花弁はうっすらとピンクを帯びていますが、中は純白です。
本当にすばらしいバラですね。

次はチャイブの花です。
DSC_0779_1.jpg
黒星病のコンパニオンプランツとしてバラの根元に植えています。
手前のノースポールとの花におされ気味ですが紫の花が綺麗です。

最後はエデンローズ
DSC_0782_1.jpg
もう10個くらいは咲いているのですが、不整形花ばかりで写真に取れなかったのですが暖かくなって綺麗に咲きました。

4月半ば

4月14日、宮崎は晴れの日が続いています。
やや肌寒く(日中は20℃程度)からっとした良い天気、徐々にバラが咲き始めました。

ORのソンブレイユは現在3輪ほど咲いています。
4月11日のソンブレイユ
ソンブレイユ13_4_11

4月12日のソンブレイユ
DSC_0745_1.jpg

4月13日のソンブレイユ
DSC_0757_1.jpg

同じORでは4月真っ先に咲いたデュセス・ド・ブラバンも3輪ほど咲いています。
DSC_0765_01.jpg

蔓スベニール・ド・マルメゾンも1輪ほど咲き始めました。


ERではジェントル・ハーマイオニーがまだ1輪だけですが、咲いています。
平成13年4月13日
DSC_0759_1.jpg

4月14日のジェントル・ハーマイオニー
DSC_0770_1.jpg

ジュビリーセレブレーションも1輪だけですが咲いています。
4月11日のジュビリー・セレブレーション
DSC_0737_1.jpg


でも残念ながら、写真をアップ出来ないと思っていましたが、実際のブログでは大丈夫のようです。
ブログは今年からはじめたものでなかなか要領がわかりません。

もう少し研究してみます。

春の嵐せっかく開き始めたバラが・・・

4月6・7日は風が強かったですね。
宮崎もかなり風が強く、バラの支柱も何本か抜けたり、蕾の付いた新芽がいくつか吹き飛んだり折れたりました。

現在の庭の様子です。バラの花はまだまだですが、ノースポールが満開です。

土曜日は風のためせっかく6部程に開いたルイーズ・オディエ(写真下)の花が吹き飛びました。
DSC_0708_1.jpg
この写真は風の前日金曜日の朝に撮ったものです。
風で落ちていた時はもう少し開いていました。芳香はダマスク香が良く香りました。

ルイ14世の開花ももうすぐ
DSC_0714_1.jpg
チャイナ系オールドローズ(OR)黒薔薇 相変わらずルイ14世は株丈が低く、チャイブに隠れそうな程です。
今の時期、花色はブラックが強く出ています。
このような渋い花色もすばらしいですね。

エデンローズ
ポツリポツリともうすぐ開きそうな状態です。
DSC_0710_1.jpg
葉っぱの色は濃いグリーンです。

2013年2番目のバラの開花

マダム・ブラヴィ
オールドローズ(OR)Tea系 1846年フランス P.Guillot Pere作出
中心部にクリーミーホワイトの剣弁高芯からカップ咲きの花がうつむいて咲き優雅な趣 。花つき良くコンパクトな樹形。ティ系の甘い香り。別名「アルバ・ロセア」 「マダム・デニス」


4月2日雨、昨日まではまだ開いていなかったのですが、雨の中少し開いて下を向いてしまいました。

DSC_0683_1.jpg
4月3日曇り、雨はやんだのですが、まだ下を向いたままです。
昨日より少しだけ花が大きくなったような気がします。

DSC_0691_1.jpg
4月4日晴れ、朝昨日よりだいぶ開いてきました。
やはり花はうつむいたままです。剣弁の花弁が中心部にいくに従い僅かにピンクを帯びて美しいですね。
この美しさに感動です。

DSC_0703_1.jpg
4月4日夕方、今日は少し早めに仕事を切り上げて帰ってきました。
花径は8cmほど満開です。
マダム・ブラビの咲き姿は優雅な貴婦人ですね。

続きを読む»

バラが咲いた

デュセス・ド・ブラバン(Duchesse de Brabant)
オールドローズ ティーローズ 1857年 フランス Bernede作出
淡いピンク色 カップ咲き 中輪、四季咲き 中香~強香

毎年春一番先に咲くバラです。
2013.4.1 今年も一番先に咲きました。
ブラバン4_1_1

3月31日まではマダム・ブラヴィやスヴェニール・ド・ラ・マルメゾンの蕾が大きくなって今か今かと楽しみに見回っていましたが、株の小さなブラバンには気付かなかったのです。
4月1日朝庭を回っていて咲いていることに気付きました。
去年の開花は4月14日だったのに今年は2週間も早く咲きました。
ブラバン4_1_2

咲き始めなのでカップがしっかりしています。
やわらかいロースピンクも少し濃い目です。

4月4日
DSC_0692_1.jpg
雨がやんで2日経ちますが、ブラバンはまだ下を向いたままです。
香りはティよりダマスクのほうが強い気がします。

カミキリムシの被害

春先、カミキリムシの被害に気付きました
カミキリムシの傷跡
植えつけて4年半、ピエール・ド・ロンサールはようやくアーチの半分まで伸びてきた。

カミキリムシは去年の夏ごろから入られていたみたいです。
春になって新芽が伸びない、伸び始めた新芽先端が枯れていくので。
これはおかしいと、根元をよく見ると木屑が。。。
もしや、と思いナイフでつついたら表皮の裏はスカスカでした。
3月28日、バラの幹の表皮をナイフで丁寧にはがしていくと一番上にカミキリムシの幼虫がいました。

カミキリムシの傷跡2

幹の裏の方は半分ほどしか幹が残っていません、そこで3m以上伸びていた幹や枝を全部1mほどでカットしました。
枯れの進み具合はとまったようです?、しかしまだ新芽はほとんど伸びていません。
様子を見るしかありません。
outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR