FC2ブログ

2019年5月 コンテス・ドゥ・セギュール

2019.5.23 今日の宮崎市は、暑かった。最高気温30℃、5月と言うのに!

今日紹介するのは、フランスデルバール社の「コンテス・ドゥ・セギュール」
四季咲き、強香、シュラブ型1、7m。
2011年12月、ネットで購入・地植 2012年5月:初めての開花 優しいピンクの大輪の花。2016年11月根頭癌腫病癌腫を切除し木酸液を塗布。
 
「コンテス・ドゥ・セギュール」
DSC_8727_2019_5_4.jpg 2019.5.4撮影
黄色いバラの奥少し隠れ気味が「コンテス・ドゥ・セギュール」

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株
DSC_8746_2019_5_4.jpg 2019.5.4撮影
正面から見るとこんな感じです。
4月終わりに咲き始めた花は雨に打たれ少ししだれてます。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の花
DSC_8770_2019_5_7.jpg 2019.5.7撮影
3割ほど?咲き始めました。
1径に3~5個の蕾が見えます。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株
DSC_8807_2019_5_7.jpg 2019.5.7撮影
入り口側から見るとこんな感じです。
コンテ・ドゥ・セギュールの右後ろのアーチはアンジェラ、その左のアーチはロンサールです。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株
DSC_8808_2019_5_7.jpg 2019.5.7撮影
正面南から花が咲くと重くて太い幹が傾いてしまいます。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株
DSC_8846_2019_5_8.jpg 2019.5.8撮影
樹高は約1.6m程です。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株DSC_8934_2019_5_10.jpg 2019.5.10撮影
2日後にはたくさんの花が咲いてきました。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の花
DSC_8946_2019_5_11.jpg 2019.5.11撮影
ほぼ満開です。

「コンテス・ドゥ・セギュール」の株
DSC_8997_2019_5_12.jpg 2019.5.12撮影
満開のコンテス・ドゥ・セギュール。
香りは、ダマスクモダンのやや強香です。

「コンテス・ドゥ・セギュール」とその周辺
DSC_9017_2019_5_13.jpg 2019.5.13撮影
セギュールのほかアンジェラ、バレリーナ、ロンサール等が咲いて賑やかになりました。

2014年コンテス・ドゥ・セギュール

5月20日 雨(梅雨を思わせる豪雨) 気温20℃

2014年のコンテス・ドゥ・セギュールの一番花
5月1日一番花の開花
DSC_0454_2014_5_1.jpgこのように可愛いカップ咲きの花が咲き始めました。
一番花は花径7~8cmの中大輪です。

5月4日には株全体で
DSC_0639_2014_5_4.jpg咲き始めました。

5月6日には
DSC_0782_2014_5_6.jpg花が開いてくるとステムが枝垂れてきたのでカメラアングルを低く構えて撮りました。

5月7日の花
DSC_0883_2014_5_7.jpg花は全部やや下の方を向いて咲いています。
香りはダマスクモダンのやや強香です。

5月11日株の状態
DSC_0051_2014_5_11.jpg左側はミセス・ジョンレイン

5月13日のコンテス・ドゥ・セギュール
DSC_0085_2014_5_13.jpg1本の枝に10個近くの花が付き、花の重みで枝が枝垂れて株が割れて、間からアンジェラが見えてしまいました。
花が多く付き過ぎ花径が小さくなってしまいます。
コンテス・ドゥ・セギュールは花持ちがとても良いバラです。
この後花が汚れてきたので5月17日に全部の花を切り取りました。





outher:kussan12

kussan12

Author:kussan12
KsRoseGerdenブログへようこそ!
南国宮崎で綺麗なバラを咲かせたい!
イングリッシュローズ、デルバールローズ、オールドローズなど香りのバラを中心に育てています。
60代夫婦です。(主に夫)
ブログでは毎日のことを綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR